買い物支援アプリ「ヨイカ」を作った
見出し画像

買い物支援アプリ「ヨイカ」を作った

こんにちは、Zaim の @unicco です。本日、家計簿サービス「Zaim」の兄弟アプリとして「Yoica(ヨイカ)」というサービスをリリースしました!

Yoica は “良い買い物” をお手伝いする、ショッピング支援アプリです。具体的には主要な EC サイトで商品を横断して検索・評判を確認できることと調べている複数の商品をタブで行き来しやすいことが特徴となっています。

ネットショッピングに特化したタブブラウザアプリ、と言ってもいいかもしれません。

画像1

もっと、ネットショッピング体験に、楽しさを!

私は何か商品を買う時、どんなささいなものでも「これは気持ちよく、ずっと使っていけるものなのか」「他に良い選択肢はないのか」「値段は一番、安いのか」というのを目を皿のようにして探してしまいます。

私自身は、比較それ自体が趣味のようなものなので楽しいのですが、社内のメンバーと話すと「ほかに良いものがないかは気になるけれど、自分は面倒だから、そこまでしないなぁ…」とドン引き気味な雰囲気になることもしばしば。

特にスマホだと画面が小さく、Amazon や楽天のアプリだとパソコンのブラウザのように沢山のタブを開くこと自体が難しい。

であれば、比較が趣味じゃない人であっても使いやすい、理想の専用アプリを作ってみよう!として始まったのが Yoica のプロジェクトです。

細かくて伝わりづらい便利ポイント

まだまだ機能は少ないものの「どうしても、これだけは!」といってこだわり実装した点がいくつかあります。

"Amazon.co.jp が販売・発送する商品のみ" をデフォルト可能
最近の Amazon.co.jp は、Amazon 本体で出品されていなくとも商品を登録すれば Amazon.co.jp 内で販売できるようになっています。これはこれで買える商品の幅が増えて便利なのですが、よく見ると送料が異常に高い場合があったりと、販売元が信頼できるかを確かめる手間がかかってしまうのが不便でした。

そこで「設定」からこのチェックを入れると、Yoica の中から Amazon.co.jp からの検索は「Amazon.co.jp が販売・発送する商品のみ」になります。

画像2

同じような形で今後、さまざまな条件をデフォルトで追加できるようにしていきたいと考えています。

iPad 対応
今回、Yoica の実装にはクロスプラットフォームアプリケーション開発のフレームワークである Flutter を採用しています。その利点を活かして iPad でも画面が見やすいよう調整しました。

画像3

終わりに

リリースしたばかりなのでまだまだ機能は少ないですが、直近では検索履歴を残したり、シェアボタンから Yoica に飛べるようにする予定です。またショッピングサイトのデフォルトを Amazon 以外にできたり、並べ替えられたり、レビューの評価による絞り込みを自動化したり…ということをやっていきたいなと思っています。

別途、開発者の @hachiya も技術面から note を書いていますので、そちらもご覧ください :-)



(株)Zaim 代表取締役/サービスと自動化と管理画面の開発が大好きです。