見出し画像

おさいふの”見える化”がはかどる、「つけない家計簿」って? #Zaim

普段はキャッシュレス決済を使いまくって、現金をうっかり家に忘れる Zaim 広報チームのあくやんです。

「ポイントがたまっていますが使いますか?」と、聞かれることがある。
普段、キャッシュレス決済が便利でお得で言うことない!とおもっていたけど、ちょくちょくポイントについて聞かれる度に「うまく使えてない部分もあるのかも」と気になる。

あれだけ色んな Pay 系サービスでお得な還元キャンペーンがあると使っているのに、実際は自分の手持ちの資金をまったく使えていないなんて、もったいないことこのうえない。


ならば、うまく使えている人たちに話を聞いてみよう。
Zaim の機能をものすごく活用しているユーザーさんたちにお願いしてインタビューをしてみた。


お得なキャンペーンと普段使いキャッシュレスを使い分け

「ポイント還元キャンペーンがあるときは、積極的にそのそのサービスを使うようにしています」というのは、Zaim 歴 2 年の東京都在住 30 代女性の Y さん。

「普段はポイントを貯めたいので 楽天Edy をなるべく使うようにしているんです。使った履歴と貯めたポイントがサービス連携で Zaim に自動で反映されるので便利ですよ」

こまめに残高ページをチェックしてポイントが貯まったなぁと思ったら、そのポイントで買い物しちゃってます。あと、LINE Pay とかキャッシュレスサービスは還元率のいいときに使うようにしてて。
Zaim でまとめて使った履歴を見られるのでいつもの家計簿サイクルと同じようにチェックできていいんですよね」


なるほど、使ってるサービスをひとまとめにしておけばキャンペーンが色々やってきてもうまく使いこなせそうだ。

そんな風に家計管理をしている Y さん、ちなみにZaim で家計簿をつけ始める前はというと…...


「以前は手書きでスケジュール帳にめぼしい出費だけ書いてました。でも月の合計出費や収入とのバランスまでは見ていませんでしたね。

Zaim で銀行やクレジットカードなどを連携したら、かなり正確に数字がわかるじゃないですか。数字への関心がいきなり高まりました!それまでまったく注意して見ていなかった給与明細も気にしてみるようになって、税金がすごくたくさん引かれていてびっくりしました(笑)わかるようになると気になることって増えるものですね」

給与明細...…確かに Zaim で見える数字とはまた違った視点での気付きがありそう。勝手にどんどん正確な家計簿ができていく様子を見ているとアレもコレもとたしかに色んなお金の書類が気になり始めるきもちもわかる。

「あと、カテゴリを自分の使いやすいようにカスタマイズしてから、月ごとの比較がおもしろいですね」

Y さんは美容と被服のカテゴリをわけてカスタマイズすることで、季節の変わり目の支出変動はほぼファッション費用だと発見したらしい。

他にも固定費というカテゴリをつくって月々支払っているサブスクリプションサービスのトータル金額を活用度合いとしっかり確認。独自のカテゴリをうまく活用して、暮らしとの向き合い方がうまいなぁと勉強になった。


おさいふ”見える化”で買い物やおでかけ計画も簡単に

さらに他のユーザーさんにも聞いてみたところ…...「とにかく現金だけじゃなくポイントやキャッシュレスサービスも含めた、おさいふの中身がパッと見でわかるようになってお金が使いやすくなったんですよ」と言うのはZaim 歴 2 年半の20代女性 M さん。

「Zaim を使い始めてまずしたのは銀行口座やクレジットカードの連携なんです。ここが手書き家計簿と違う圧倒的メリットだと思ったので。使ったものがそのまま反映されるのでとっても楽だし、使途不明金がなくなってすごくスッキリしました!

いま 13 個程サービス連携していますが、どのポイントもどれくらい貯まったか一目でわかるので、ポイントをとっても使うようになりました。カテゴリで”飲み物”だけ分けているんですが、飲み物もよくポイントで買ってます(笑)」

ポイント使いますか?と勧められて使うより「ポイントあるからジュース買おう」って方が個人的にはお得感高いので、これは真似したい。

「実はいま彼氏と同棲してるんですけど。家計担当わたしで、自分のおさいふと同棲用のおさいふとで別々のアカウントで管理してるんです。

以前は同棲用のおさいふをお互いにレシート用意して全部手書きで管理してたんですが、どうしても数百円あわなかったりとちょっとしたトラブルが多かったんですよね......。

あと特に面倒だったのが銀行口座の残高の確認。共用の口座を彼氏の名義で作っていたので、いくらあるのか確認するたびに彼氏に聞かないといけなくて。

それもまとめて連携したら、金額があわないこともなくなったし残高もアプリでかんたんに確認できるようになったので、二人の共通のものを購入するときやおでかけするときの相談がしやすくなって、よかったです〜」


彼女が同棲の家計担当ということで Zaim のサービス連携をうまく活用して、同棲生活の選択肢を広げるのに役立っているようで喜ばしい。そしてうらやましい......。

とにかくお得に買い物したり、お金をうまく使うには、おさいふの中身を把握していることがだいじなようだ。


いまから自分のおさいふをひっくり返して、現金を数えてクレジットカードの残高調べてポイントごとに確認して......とやるのもいいし、Zaim のサービス連携でまとめて管理するんでもいい。ちなみに自分はめんどくさがりなので、1個1個調べたりできない。

よしこの機会に、自分のおさいふの中身としっかり向き合おう。
まずは放置してたポイントをどんどん連携してみるとこから始めるぞと、おさいふをひっくり返したら平成31年の500円玉硬貨がでてきた。記念にとっておこう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6
デザイナーとしてWeb・アプリ・DTPなどの製作、IoTプロダクトのPR、展示会サポートなど行ってます。その他、豆腐マイスター、イベント・旅行レポーターとしても活動中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。